銀行カードローンを借り換えで利用するメリットとは

MENU

銀行カードローンを借り換えで利用する

銀行カードローンを借り換えで利用する

銀行カードローンは総量規制対象外で利用することができることに加えて
他の金融機関と比較した場合に比べると金利が低いメリットがあるので、
長期的に借りることを目的とした場合にもおすすめのローンです。

 

また、金利の低さから消費者金融でキャッシングを利用している場合は
銀行カードローンを借り換えローンとして利用するメリットもあり、
借り換えローンは今よりも金利が低いローンに乗り換えるという仕組みのローンです。

 

ここで生きてくるのが銀行カードローンは総量規制対象外という部分で、
消費者金融のキャッシングで借り換えを使用と思っても借り入れそのものが
年収の3分の1を超えて借りることができないというルールに抵触してしまい借りることができません。

 

しかし、銀行であれば総量規制に抵触しないでお金を借りることができるので
既存の借金分だけのお金を借りて借金完済に充てることも実質は可能になります。
数週間から数カ月程度で返す目処があるキャッシングの借り入れであれば借り換えをするメリットはそこまで高くないこともありますが、
半年を超えて借り入れが続くと想定される場合は金利が低い金融機関に乗り換える方が得策です。

 

また、住宅ローンやマイカーローンと違って借り換えローンにかかる手数料も別途に発生しないので
コスト面から考えても安心して借り返すことができますが、借り入れ件数が多い場合でも
借り換えが目的の場合は借り入れができるケースもあります

 

銀行カードローンで便利なサービスが揃っているのは下記が参考になります!!

低金利のおすすめ銀行フリーローン比較でしたらこちらから

銀行カードローンを借り換えで利用する <関連ページ>

銀行カードローンは少ない金額で返済できるところが多い
収入で決められる総量規制でお金を借りられない方は総量規制対象外の銀行カードローンがおすすめです。 なぜなら少ない金額で返済できるところが多いのです。また銀行カードローンを利用する場合は毎月必要最低限のお金を返済していれば後は自由に借りることや返済することができるというルールで、 臨時収入があった場合はその収入をそのまま借金返済に充てて完済を早めることも可能です。