消費者金融キャッシングは総量規制対象外で借りることができるの?

MENU

消費者金融キャッシングは総量規制対象外で借りることができる?

消費者金融キャッシングは総量規制対象外で借りることができる?

金融機関のカードローンサービスを利用する場合に借りたい金額が年収から考えてかなり多い場合は総量規制対象外でお金の借り入れができる金融機関を探してローンの申し込みをする必要があります。
この際に気をつけないといけないのが正攻法でお金を借りることができない状況によって
違法な闇金を利用してしまうケースがあることです。

 

闇金は法律順守の金融機関ではないので総量規制対象外で借りることができても
金利の高さから自力でお金を返すことは難しいのが現状です。

 

また、今でこそ金利が下がって法定金利を遵守してカードローンの提供をしている消費者金融については、
総量規制対象外でお金を借りることは法的に無理なので、借りることができる上限の金額内でカバーするか
銀行のカードローンを利用する必要性があります。

消費者金融の特徴

消費者金融は賃金業者として登録を受けている金融機関で闇金と違って正規の金融機関ではあるものの、
一昔前は違法な貸し付けを当たり前に行っていた金融機関でもあり
利用してお金を返すことができなくなってしまい金融破綻する人も続出しました。

 

この問題が発展したことやバブルが崩壊したことも相まってキャッシングが見直されることになったのですが、
その副産物として誕生したのが総量規制であるため消費者金融が総量規制対象外でお金を貸し付ける状況があっては意味がありません。
ただし、住宅ローンマイカーローンなどを利用している場合の借り入れ金額については除外されて計算されます。

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

消費者金融キャッシングは総量規制対象外で借りることができる?記事一覧

総量規制対象外の銀行のカードローンに申し込みをしたら審査にクリアしなかったのに総量規制が適用される消費者金融のキャッシングに申し込みをしたら審査にクリアしてお金の借り入れができるようになったというケースは少なくありません。総量規制対象外なので銀行のカードローンを利用する方が借り入れまでの道は厳しくないように感じます。しかし、年収に左右されずにお金の貸し付けを銀行ができるのは元々の審査が厳しく年収制...

銀行カードローンと消費者金融キャッシングで大きく違うのは借り入れることができるまでの時間ですが、一般的に消費者金融は審査の時間が短いので借りるまでの時間が早く、銀行は審査の時間が長いので借りるまでの時間が長いと言われています。実際に銀行は多くの預金を預かっているので審査においてはカードローンに限らず慎重に行う必要があるのですが、最近はシステムの向上やノウハウの蓄積などから即日で利用することができる...

総量規制が適用されるようになり、総量規制対象外でカードローンのサービスを利用することができる銀行の個人向け小口融資が注目を浴びています。消費者金融と違って日頃から普通預金の口座を開設してお金を預けている人も多いので利用において抵抗感が少ない特徴があり、中にはキャッシュカードと同じカードを使って取引ができるところもあります。また、総量規制の対象外で借りることができる消費者金融は年収が低いと借り入れの...

銀行カードローンを利用してお金を借りる場合の上限金額は総量規制対象外になるので場合によっては年収を超える金額を借りることができるケースもありますが、一方で消費者金融キャッシングを利用してお金を借りる場合は総量規制対象内になるので年収と借り入れ可能な金額は数式的に決まります。そのため、まとまったお金が必要な場合は銀行カードローンの申し込みをする必要性がありますが、一度に借りることができる金額について...