審査内容は銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違う

MENU

銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違う審査内容

銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違う審査内容

総量規制対象外の銀行のカードローンに申し込みをしたら審査にクリアしなかったのに
総量規制が適用される消費者金融のキャッシングに申し込みをしたら審査にクリアして
お金の借り入れができるようになったというケースは少なくありません。

 

総量規制対象外なので銀行のカードローンを利用する方が借り入れまでの道は厳しくないように感じます。
しかし、年収に左右されずにお金の貸し付けを銀行ができるのは元々の審査が厳しく年収制限をかけなくても貸し出す金額は総量規制の範囲内になることが多いといいうのも忘れてはなりません。

 

そのため消費者金融のキャッシングで思ったようにお金の借り入れができないという理由から
新たに銀行のカードローンに申し込みをするケースもありますが、この方法だと新たにお金の借り入れができる可能性は少なくなります。
また、同じ消費者金融や銀行であってもそれぞれの金融機関が独自に審査基準を決めているので
全く逆のパターンになる可能性もゼロではなく借りることができる金額についても変わる可能性があります。

 

どれくらいのお金を借りることができるということや大まかな審査の可否を知りたいという場合は
事前に簡易審査ツールを利用することによって借り入れの可否を知ることができます。
この情報を元にしてカードローンやキャッシングの申し込みを決めることもできますが、
長期的な借り入れを意識するのであれば金利の低い銀行で借りることが望ましいと言えます。

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違う審査内容 <関連ページ>

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り入れまでの時間の違い
銀行カードローンと消費者金融キャッシングで大きく違うのは借り入れることができるまでの時間ですが、一般的に消費者金融は審査の時間が短いので借りるまでの時間が早く、銀行は審査の時間が長いので借りるまでの時間が長いと言われています。そこで、事前に借り入れの大まかな可否を知ることができるツールの特徴や注意点などを解説しています。
銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り方の違い
銀行カードローンと消費者金融キャッシングには借り方に違いがあります。それぞれにメリットデメリットがあります。カードローンもキャッシングも利用すると便利なローンではあるものの、 利用方法を間違えると多重債務になるリスクを高めることや返済不能に陥る可能性があるので計画性を持った借り入れが必要です。
銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り入れ金額の上限の違い
銀行カードローンを利用してお金を借りる場合の上限金額は総量規制対象外になるので 場合によっては年収を超える金額を借りることができるケースもありますが、 一方で消費者金融キャッシングを利用してお金を借りる場合は 総量規制対象内になるので年収と借り入れ可能な金額は数式的に決まります。状況によっては銀行よりも消費者金融のキャッシングを利用する方が借りることができる金額は多い場合があるので、 それぞれの金融機関の借り入れ診断などをチェックして事前に調べておくこともおすすめします。