銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り方の違いとは

MENU

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り方の違い

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り方の違い

総量規制が適用されるようになり、総量規制対象外でカードローンのサービスを利用することができる銀行の個人向け小口融資が注目を浴びています。

 

消費者金融と違って日頃から普通預金の口座を開設してお金を預けている人も多いので
利用において抵抗感が少ない特徴があり、
中にはキャッシュカードと同じカードを使って取引ができるところもあります。

 

また、総量規制の対象外で借りることができる消費者金融は年収が低いと借り入れの上限金額も
大幅に少なくなることに加えて、消費者金融のキャッシングだと対応しているATMが少ないケース手数料がかかるケースもあります。
大手の消費者金融になればローン契約機などを全国の至るところに配置しているので、
これを利用することによってお金を借りることや返済することができます。

 

銀行のカードローンであればATMの画面から普通に借りることや返済することができるので
利便性という面で考えても銀行利用に分があります。
ただし、即日融資に対応しているという銀行であっても審査が厳しいことや対応している時間が短いなどの理由から
翌日以降の借り入れになってしまうことも少なくないので
急な借り入れが必要になって金融機関のカードローンやキャッシング利用が必要になっている場合は注意です。

 

カードローンもキャッシングも利用すると便利なローンではあるものの、
利用方法を間違えると多重債務になるリスクを高めることや返済不能に陥る可能性があるので計画性を持った借り入れが必要です。

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り方の違い <関連ページ>

銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違う審査内容
審査内容は、銀行カードローンと消費者金融キャッシングで違います。銀行カードローンの方が比較的厳しい審査になっています。なぜなら年収制限をかけなくても貸し出す金額は総量規制の範囲内になることが多いといいうのも忘れてはなりません。どれくらいのお金を借りることができるということや大まかな審査の可否を知りたいという場合に役立つ情報を解説しています。
銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り入れまでの時間の違い
銀行カードローンと消費者金融キャッシングで大きく違うのは借り入れることができるまでの時間ですが、一般的に消費者金融は審査の時間が短いので借りるまでの時間が早く、銀行は審査の時間が長いので借りるまでの時間が長いと言われています。そこで、事前に借り入れの大まかな可否を知ることができるツールの特徴や注意点などを解説しています。
銀行カードローンと消費者金融キャッシングの借り入れ金額の上限の違い
銀行カードローンを利用してお金を借りる場合の上限金額は総量規制対象外になるので 場合によっては年収を超える金額を借りることができるケースもありますが、 一方で消費者金融キャッシングを利用してお金を借りる場合は 総量規制対象内になるので年収と借り入れ可能な金額は数式的に決まります。状況によっては銀行よりも消費者金融のキャッシングを利用する方が借りることができる金額は多い場合があるので、 それぞれの金融機関の借り入れ診断などをチェックして事前に調べておくこともおすすめします。