カードローンとフリーローンの金利の違いについて

MENU

カードローンとフリーローンの金利の違い

カードローンとフリーローンの金利の違い

銀行が提供する自由な目的で利用することができるローンの中には
カードローンフリーローンがあります。
いずれも銀行法が適用されている金融機関内でのローン利用になるので消費者金融や信販会社でお金を借りる場合と違って総量規制対象外でローンの利用が可能です。

 

まとまったお金が必要な場合に他の金融機関から借り入れがあって本来なら借り入れが難しい場合でも総量規制対象外で借りることができる可能性があります。

 

借りたお金で既存の借金を借り換えることやまとめるなどの応用も自由な目的で利用することができるローンなら可能です。
カードローンとフリーローンの大きな違いは設定されている金利で、
フリーローンの場合は100万円までの借り入れに対して数%の金利になっていることが多いのに対して
カードローンの場合は15%前後の金利になっているケースがほとんどです。

 

完済までの時間が短いと想定される場合はカードローンを利用する場合もフリーローンを利用する場合も
金利の負担差に大きな差はないので利用しやすい方を選んで利用するのでも問題ありません。

 

借りたお金を完済するのが長期にわたると想定される場合は金利の負担差に大きな差が出るので
フリーローンを利用した方が負担を軽減することができることもあります。

 

ただしフリーローンの場合は追加で新しくお金の借り入れがしたくなった場合に
なかなか追加融資を受けることができないというデメリットもあるので他の借り入れが予想される場合はカードローンがおすすめです。

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

カードローンとフリーローンの金利の違い <関連ページ>

フリーローンは総量規制対象外で借りることができる?
銀行が提供するカードローンもフリーローンどちらも総量規制対象外で利用することができるので年収の3分の1を超える金額を指定して審査に申し込みをしてもそのまま借りることができることもあります。しかし、カードローンとフリーローンを比較した場合に 返済することができなくなるリスクはカードローンの方が高くなっているので 借り入れができる金額についてはカードローンの方が少ない場合が多くあります。
フリーローンとカードローンの自由性の違い
銀行には住宅ローンやマイカーローンのようにあらかじめ目的が明確になっている借り入れに対するローンサービスだけでなくある程度幅を持たせて自由に利用することができるフリーローンやカードローンのサービスがあります。いずれのローンも自由な目的で利用することができるという点では共通項であるものの、自由性にはちがいがあります。カードローン、フリーローンのどちらが便利でオトクなのか徹底解明します。
フリーローンとカードローンのリスクの違い
総量規制対象外で借り入れができる銀行のカードローンやフリーローンはまとまったお金が必要な場合や目的ローンの中に該当するローンがない場合におすすめです。 どちらも借金をして一定の金利を付加して返済する必要があるので 借金管理をしっかりしないと借金が増大してしまうリスクがあります。 借金返済不能に陥るリスクが高いと言われているのはカードローンかそれともフリーローンなのか徹底検証します!