フリーローンは総量規制対象外で借りることができる?

MENU

フリーローンは総量規制対象外で借りることができる?

フリーローンは総量規制対象外で借りることができる?

どのような目的で利用しても可能という点では銀行が提供するカードローンもフリーローンも共通しています。
どちらも総量規制対象外で利用することができるので年収の3分の1を超える金額を指定して審査に申し込みをしてもそのまま借りることができることもあります。

 

そもそも総量規制という法的なルールは消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードのサービスを利用して返済することができなくなった人が増えたことに対する対策なので
銀行は法的な制約を受けることは法律の違いからありません。

 

しかし、カードローンとフリーローンを比較した場合に
返済することができなくなるリスクはカードローンの方が高くなっているので
借り入れができる金額についてはカードローンの方が少ない場合が多くあります。

 

これはフリーローンであれば最初にまとまったお金を借りた後は返済するだけの形になるので
追加融資を受けていつまでも返済が終わらないということがないのに対して、
カードローンは審査で決められた上限金額内であれば自由な借り入れや返済ができるので
借り入れを繰り返していると借金が減ることはありません。

 

こうした危険性があるので銀行側もカードローンのサービスを提供する場合は
総量規制対象外ではなく対象内で留めた貸し出しをするところが多くあります。
ただしカードローンでも借り換えやおまとめローンに利用するなど目的意識がはっきりしている場合この限りではありません

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

フリーローンは総量規制対象外で借りることができる? <関連ページ>

カードローンとフリーローンの金利の違い
銀行が提供する自由な目的で利用することができるローンの中には カードローンとフリーローンがあります。 いずれも銀行法が適用されている金融機関内でのローン利用になるので消費者金融や信販会社でお金を借りる場合と違って総量規制対象外でローンの利用が可能です。しかし、金利はそれぞれに違いがあります。どちらが特に借りられるかを徹底解明します。
フリーローンとカードローンの自由性の違い
銀行には住宅ローンやマイカーローンのようにあらかじめ目的が明確になっている借り入れに対するローンサービスだけでなくある程度幅を持たせて自由に利用することができるフリーローンやカードローンのサービスがあります。いずれのローンも自由な目的で利用することができるという点では共通項であるものの、自由性にはちがいがあります。カードローン、フリーローンのどちらが便利でオトクなのか徹底解明します。
フリーローンとカードローンのリスクの違い
総量規制対象外で借り入れができる銀行のカードローンやフリーローンはまとまったお金が必要な場合や目的ローンの中に該当するローンがない場合におすすめです。 どちらも借金をして一定の金利を付加して返済する必要があるので 借金管理をしっかりしないと借金が増大してしまうリスクがあります。 借金返済不能に陥るリスクが高いと言われているのはカードローンかそれともフリーローンなのか徹底検証します!