フリーローンとカードローンのリスクを比較

MENU

フリーローンとカードローンのリスクの違い

フリーローンとカードローンのリスクの違い

総量規制対象外で借り入れができる銀行のカードローンやフリーローンはまとまったお金が必要な場合目的ローンの中に該当するローンがない場合におすすめです。

 

どちらも借金をして一定の金利を付加して返済する必要があるので
借金管理をしっかりしないと借金が増大してしまうリスクがあります。

 

総量規制対象外で借りる場合は返済能力を超えての借り入れになることも多いので
十分に返済シミュレーションのツールなどを活用して
事前に完済の流れを頭の中でイメージしておく必要があります。

 

また、借金で大きな問題なのが借金することができなくなる状態や多重債務に陥るパターンですが、
カードローンとフリーローンを比較した場合にカードローンを利用する方が借金返済不能に陥るリスクが高いと言われています。
これはそれぞれのローンの根本的な違いが理由になっていますが、
フリーローンの場合は最初にまとまったお金を借りるだけの形になるので返済を決ったペースで行えば完済にいつかは繋がります。
しかしカードローンの場合は自分で制限をかけないと借り入れの上限金額内ならいつでも借りることができる状態なので
借金がいつまでも減らないことがあります。

 

ただし、目的意識を明確にしておけば大変利便性の高いローンであることに違いはなく、
最初の目的を果たした後にお金が必要になった場合でも
わざわざ新たにローンの申し込みをしないで良いというのもカードローンが持つ強みになります。

 

▼▼便利なサービスが揃っている【銀行カードローン】なら!!▼▼

銀行カードローン

>>低金利のおすすめ銀行カードローン比較でしたらこちらから<<

フリーローンとカードローンのリスクの違い <関連ページ>

カードローンとフリーローンの金利の違い
銀行が提供する自由な目的で利用することができるローンの中には カードローンとフリーローンがあります。 いずれも銀行法が適用されている金融機関内でのローン利用になるので消費者金融や信販会社でお金を借りる場合と違って総量規制対象外でローンの利用が可能です。しかし、金利はそれぞれに違いがあります。どちらが特に借りられるかを徹底解明します。
フリーローンは総量規制対象外で借りることができる?
銀行が提供するカードローンもフリーローンどちらも総量規制対象外で利用することができるので年収の3分の1を超える金額を指定して審査に申し込みをしてもそのまま借りることができることもあります。しかし、カードローンとフリーローンを比較した場合に 返済することができなくなるリスクはカードローンの方が高くなっているので 借り入れができる金額についてはカードローンの方が少ない場合が多くあります。
フリーローンとカードローンの自由性の違い
銀行には住宅ローンやマイカーローンのようにあらかじめ目的が明確になっている借り入れに対するローンサービスだけでなくある程度幅を持たせて自由に利用することができるフリーローンやカードローンのサービスがあります。いずれのローンも自由な目的で利用することができるという点では共通項であるものの、自由性にはちがいがあります。カードローン、フリーローンのどちらが便利でオトクなのか徹底解明します。